出会いを予告されていた相手


「3〜4か月後、あなたに大変強力な協力者が現れる。
この方は男性で、あなたをサポートするお役目。因縁があります」


以前、霊視の先生から聞いた時のメモを  後になって発見して、びっくりした事があります。

その時は、へ〜・・・そんな人がホントに現れるの?ってあまり信じてなかった。
実際、その時期にそんな人は現れなかったし、まあ外れる事もあるよね、くらいに思ってました。
ところがね。
それから一年半以上も経ってそんな内容はすっかり忘れてしまった頃に、本当に現れたんです。
あ、ちなみに恋愛とかそういう色っぽい話じゃありませんよ(笑)

ちょうど仕事で悩んでいた頃、私にめっちゃ意見してくる職場の後輩が登場したのです。
他の人にはとても人当たりソフトで紳士的なのに、なぜか私にだけ容赦ない。
でも だからこそ信頼出来た相手でした。


「きっとね、あなたは私をビシビシ鍛えてくれる役割なんだと思う。
はっきり言ってムカつくけど(笑)でもいいよ。ストレートだけど裏がないのを知ってるから」
「そりゃ、人に面と向かって意見されればムカつきますよ。でも、それでいいんですね?本当に」
「うん、いいよ。私はここでは最年長で、誰もそういう風に今まで言ってくれる人はいなかったから」

私達は、とても強く深い信頼で結ばれていたと思います。
戦友、とか 同志、なんて言葉がぴったりでした。
後になって、彼は私と  この人生に出会う事を約束して生まれて来た相手なのだと
「助け手」の登場を予告したのとはまた別の、オーラ視の先生から聞きました。

 参考ブログ記事 ⇒ こういうのもアリ?前世物語。


ふたつの輪が同時に切れた・・・


ある時、私のウエストポーチのベルトの金属部分が根元から切れてしまった事がありました。
いつも何かが終了する時、私にはこうした現象が「必ず」起こります。
そして、その場合には何かが終わるサインだという事が直感的に分かります。

その時も手に触れた途端に「フッ」という感触でベルトが落ち、 何度も経験しているその感触に
「あ、また何かのお知らせだ」と思ったのですが・・・
何と、それを見ていた彼が、自分のポケットから車のキーを取り出してこう言ったのです。
「俺のも切れました」

その瞬間、私たちは  二人の間にある「ご縁」の存在をハッキリと感じ取りました。
彼もまた、普段から同じような現象が身の回りに現れ、その意味を直感で理解していたのでした。


これは後になって知る事になるのですが、
私たちは「ほどくために絆を結ぶ」必要があったのです。
前世において図らずも途絶えてしまった絆は、カルマとなって持ち越されて来ていました。
ここで出会ったのは、その時のカルマの糸をほどくため。
そして、ほどくためには、もう一度結び直す必要があったという訳です。

この  同時に切れたふたつの輪は、持ち越したカルマが「切れる」合図だったのだろうと思います。


それぞれが「決めた道」へと向かうための仕掛けだった


その後すぐ、私は突然職場を解雇されました。あまりの急展開に誰もが驚きました。
直前まで上司と笑いながら歓談していたので、周囲にも全く信じてもらえなかった位です。

解雇の理由を知りたくて訪ねたオーラ視の先生の元で、私は全てを理解しました。

私には、生まれる前に決めて来た本来の「道」があったのです。
それが何なのか、自分でももちろん良く分かっていました。
けれど、どうしても嫌で  ずっとそこから逃げ続けていました。
こんな事にでもならない限り、きっといつまでも逃げ続けていたでしょう。

そして、彼もまた同じ事を私に言っていました。「そろそろやらなきゃいけないのは分かってる」
私たちは、そんな風にして、進むべき方向からずっと目を逸らしていたのです。


二人がここで出会ったのは、「本来の軌道」へと向かうスイッチを押すための仕掛け・・・
この出会いには、確かに  そこに向かわせるだけのパワーがあったと思うのです。
私は、同じ空気の中で同じ言葉を話せる相手と、生涯で初めて会った気がしました。

一度、並んで話していた時に、彼が自分の腕をさすりながら怪訝そうな顔をした事があります。
「?・・・夕貴さん、今何かしましたか?」
「え?ううん」
彼によると、水滴と水滴がくっついて、一つの水玉になるような感触があったのだそうです。

格闘技をしていた彼は、「気」のようなものを感じ取る力が人一倍強かったのかも知れません。
だから、私たちの波長やオーラのようなものが「一体化した瞬間」の感覚を
彼はその時  感じ取ったんじゃないかな、と私は思っています。



点や線、光と闇、ミクロコスモスとマクロコスモス・・・形やものの存在、魂が追求する究極の果て、
私たちはいつもそんな事について、ああでもないこうでもないと語り合っていました。

そんな私たちの事を、社内ではちょっとうさんくさい目で見られてしまっていたかも知れません。
ちょうど業績が下がりリストラを決行する段階で、私にその矢が立っても不思議ではありません。

仕事が好きで、いつまでも会社の中でバリバリ働いていたかった私。
でも、それはただ単に、自分のスキルアップやキャリアアップが楽しかったからというだけです。
ここでそれに強制的にストップがかかったのは、「本来の道へと向かう時が来た」合図でした。


でも、その道とは「占い師になって悩める人を救う」とか、そういう事ではないのは確かです。
むしろダメダメな自分の人生を晒してる、反面教師のお手本のような存在と言う方が近いかも(笑)
だからこそ、遠回りや失敗をたくさん重ねて来た経験はムダではなかったと思っています。


彼はその後  どうしているのか、今の私は全く知りません。
人生のターニングポイントに出会うべくして出会い、持ち越して来たカルマを断ち切った相手。
それぞれの道が交差する、その岐路に立ち  握手を交わして別れたような清々しい気持ちです。

きっと、私たちはまたどこかで会う事になるんじゃないかな・・・と思う。
実は  まだずっと続いている、私の「生まれて来た意味」を探す旅。
そのルートに時々  あの頃と同じ現象が現れる事を  多分彼も気付いているだろう、と思います。




アイテム Pick up

取り寄せ注文承り中!!【ソウルメイトカード】〜ソウルメイトを引き寄せる44の魔法〜(スピリチュアルメッセージ・占い)






inserted by FC2 system