亡くなるお知らせは、およそ二日前にやって来る?


人が亡くなる前の「お知らせ」というのはあると、私は思います。
そのお知らせが、親しい人やその本人に訪れるタイミングは、
亡くなる日のおよそ二日前 であるという事を、私はこれまで何度か経験して来ました。

母は、自分の死の二日前に「私はもう長くない」と言って祖母にお別れまで告げていましたし
(母は人の生死を予知する人だったため、自分の死も知覚していました)
その夜父は、一晩中、障子が規則的にカタカタと揺れる不思議なラップ音を聞いていました。
また、父が亡くなる二日前には、タロットが床に落ちていてその旅立ちを知らせてくれました。

 別記事に詳しく書きました。⇒ タロットが教えてくれた父の旅立ち

ただ、そういった  死の間際に対するお知らせとは別に、
「人生の幕を閉じる日が近いですよ、急いで仕上げにかかりなさい」 という、
人生の締めくくりを促すお知らせがもたらされることも  あるんじゃないかと思うのです。


母の手にしていた数珠が切れた


母はとても信仰心の厚い人で、いつも何かにつけ仏壇に手を合わせていました。
そんな母の亡くなる半年ほど前から1〜2か月に渡り、
奇妙な現象が何度か続いた事があります。

仏壇の花瓶に亀裂が入り、もう水も入れられない程ひび割れてしまったり、
仕方がないので買い換えたら  また同じ事になってしまったり。
もちろん、ただ置いておくだけで、特に落としたり手荒に扱うこともありませんでした。
かと思えば、急須の注ぎ口が  突然根元からポロッととれてしまったり。

その頃、私の化粧ポーチに内蔵されていた鏡が、パックリ割れてしまった事もありました。
これも、ただ置いてあっただけのものです。
また、ハサミを使っていたら  これも根元から折れて分解してしまいました。
包丁もしかり。使っていたら、突然柄の部分が取れてしまいました。

「え―― っ、これも?」
「またあ〜〜〜〜!!?」
そんな言葉がしょっちゅう私の口から飛び出しました。


そして、ある日  母が仏壇に向かって手を合わせていた時の事。
母が手にしていた数珠が突然切れて、数珠玉がバラバラバラッと畳に落ちたのです。
私自身も、パワーストーンブレスやストラップなどの輪っかモノではよくこういう現象が起こるのですが
さすがに、母も私も  この時は血の気が引きました。
その時は、ちょっと怖いと思ってしまったのですが・・・
これが後に  母の命の終わりを告げるお知らせだったのだなあ・・・と分かる事になるのです。

今にしてみれば、それは奇妙ではあっても  霊界からのサインではなかったかと思うのです。
人生の仕上げを急ぐためには、とてもありがたい知らせなのではないかと・・・。
こういうお知らせが訪れる人は、それほど多くはないのではないかと思うのです。
母はそれだけ、この人生の目的をきちんと全うし、天に還る事を求められていたのかも知れません。

(余談ですが、以前霊視をして頂いた先生達から、母はとても徳の高い人だったと聞きました。
そんな母でさえ、自分のカルマや人生の課題を消化するのはとても大変だったのです。
ホント、生まれて来て、しっかり生きるのって大変な事だと思う。
私達も、人生の課題から目をそらさずに頑張って生きて行きたいですよね・・・^^; )


だから私は  ご先祖様やガイド様(守護霊様?)のような
私たちを厳しく温かく見守り続けてくれる存在がある事を信じているのです。
その守りに恥じないよう、しっかりと自分の人生を全うしたいものだなって思うのですが、
・・・う〜ん、それってなかなか、難しいコトなんですよねー・・・(>_<)




アイテム Pick up

Amazon Kindle版
Kindleアプリをダウンロードすれば
スマホから読めます!↓↓

本当に母が死ぬ日: 母は、その「時」が来るのを知っていた。


【本当にコスパの高い喪服】 かわいい 喪服 - 女性 / レディース ┃ 数珠 ・ 念珠 【nenjyu】








inserted by FC2 system